名古屋 海外ボランティアツアー タイ 真珠島 ホームステイ

タイの秘境!美しき真珠島

ムック島はタイの首都バンコクから飛行機で約1時間、陸路で2時間弱、船で約40分という奥地にあります。 ごつごつした絶壁に囲まれたムック島はトランの海で3番目に大きな島で、漁業や観光業が盛んな島です。タイは仏教国として有名ですが、南部はイスラム教の地域が比較的多いです。ムック島もそのひとつで、イスラム教徒が多い島になります。大自然が作り上げた素晴らしい魅力を体感できる、モラコット洞窟がムック島の見どころのひとつです。 島の西側にある洞窟の入り口から入り、幅10mに満たない約80mの水路をガイドと共に泳ぎ、待っているのは石灰岩の断崖に囲まれた小さな綺麗なビーチの入り江です。 洞窟の入り口を泳いでいる際に、太陽に光が反射して海の色がエメラルドに見えることから、「モラコット洞窟」つまり「エメラルド洞窟」の名がつきました。(モラコットはタイ語で“エメラルド”の意味)

ミラー財団(NGO)

ミラー財団はタイ北部、チェンライに住む山岳民族と呼ばれている人々の生活向上と文化・伝統の継承をサポートするNGOです。タイ社会の中でマイノリティーである僻地の人々が、偏見や差別に遭うことなく、豊かな可能性を発揮できる社会を作り、それぞれの文化や価値観を認め合い、共に学び共に生きることが可能な社会を作ることを目的に活動しています。タイ政府、他のNGO団体や地域コミュニティなど様々な組織とネットーワークを形成し、共に活動しています。ミラー財団の活動拠点はチェンライですが、今ではそのネットワークを駆使して活動の範囲を広げ、バンコク付近、タイの南部や東部でも活動しています。個人的にも短期から長期でボランティアを受け入れており、このボランティアツアーに参加した学生の次のステップとなっています。
ミラー財団